車買取店を選ぶ基準と専門用語の説明

 

車買取の専門的な用語の1つに、二重査定があります。それは、車の売却をする時にはとても大きなポイントですね。それが行われない業者を選ぶのが、車を売る時のコツの1つなのです。

 

二重査定という言葉の意味

 

ところで二重査定という用語を、果たしてご存知でしょうか。
恐らくそれを初めて聞いたという方も、中にはいらっしゃると思うのです。現に私も車を売る前までは、その用語の意味を知りませんでした。

二重査定とは、要するに買取見込み額が変わってしまう事です。買取店に車を持ち込めばもちろん従業員の方が査定を行ってくれますが、車は一旦引き取られる事になります。

ちなみにその段階で、査定額が60万円と伝えられていたとしましょう。
ところが引き取り後に、査定額が変わってしまう場合があります。50万円台や40万円台などに、ダウンしてしまう事がある訳ですね。しかも契約書には、その旨が小さく記載されている事もあるそうです。

 

もちろん売り手としては、金額が下がってしまうのは嬉しくありませんね。ですので車を売る時には、そのようなお店はなるべく避けるべきでしょう。

 

果たして業者が二重査定を説明してくれるか

 

ところで車の買取業者によっては、ホームページで二重査定をしませんとだけ記載している事があります。しかし二重査定という用語の意味が分からなくては、そもそもそのお店のメリットもよく分かりません。

親切なお店の場合は、二重査定という言葉をとても分かりやすく説明してくれています。中には具体例を交えて、その用語を説明してくれている所もありますね。そのようなお店は、とても親切だと思うのですが。

つまり、お店を選ぶ基準の1つにもなると思うのです。「専門用語を使わずに分かりやすく説明しているか」は、お店を選ぶ基準の1つになるのではないでしょうか。

 
2015/01/22 17:35:22 |

車買取の業者選びの基準に、創業年数があります。長いお店の方が、無難との意見がある訳ですね。
創業されてから長い年数が経過しているお店の場合、多くのノウハウが蓄積されている可能性が高いです。それだけ車の知識も豊富なので、買取り金額が高く見込めるという意見があるのです。
実際、確かにそのようなお店もあります。東京23区のあるお店などはかなりの老舗ですが、しばしば高額売却が成立しているからです。

 

短いお店でも買取額が高くなる事も

 

しかしできて間もないお店ならば、「必ず」買い取り額が低くなるとは限りません。一見するとノウハウが蓄積されていないようなお店でも、実は多くのノウハウを持っている事があるのです。
例えばあるお店の場合は、去年の秋頃に創業されています。一見するとそれはかなり短いですが、実はそのお店は経験は豊富なのです。なぜかというとそのお店を経営している方は、以前に別の所で車買取を多く経験しているからです。その際に蓄積したノウハウは、かなり豊富だそうです。
ですのでそのお店では、しばしば高額買取が成立しています。他のお店よりも遥かに高い金額が提示されたという口コミも、しばしば投稿されています。
ワゴンRの下取り

 

結局は色々なお店で見てもらうべき

 

このように一見すると創業年数が短いお店でも、独自のノウハウが多く蓄積されている事もあります。それで買取り金額が高くなる事もあるので、創業年数だけでは判断できない一面がありますね。
そして一般個人の方々は、各お店がそれぞれどのような状況になっているかは、さすがに全てを把握しきれないと思います。となると、やはり複数のお店を比較する方が効率が良いでしょう。良いお店を見つけたいのであれば、やはり一括査定などで比較をする方が手っ取り早いと私は思います。

2015/01/22 16:22:22 |

トラックという車種を業者に売却する際には、しばしば画像データが必要になります。最近では、ネットを活用して車の買取を行っている業者も増えてきていますね。
ネットのメリットは、画像を送信できる事です。車の状態がどのようになっているかは、業者としても気になっているものです。ですのでカメラで車の画像を撮影して、それを送って欲しいと明示している業者は非常に多いのですね。そのデータを元に、顧客に対して査定額が提示されるパターンが一般的です。

 

LINEで画像を送れる兵庫県の業者

 

ところで兵庫県にあるぼっちゃんという業者では、主にトラックの買取を行っています。その業者に対する査定の依頼方法は数点がありますが、その1つはインターネットなのです。
そしてこの業者の場合は、LINEで画像を送信できます。LINEはスマートフォンのアプリの1つですが、色々な方とのやり取りでそれを活用している方々も多いですね。そのLINEでトラックの画像を送れば、その情報を元に査定金額を提示してくれます。

 

LINEの使い方と問い合わせ用のフォーム

 

どうすればLINEで送ることができるかというと、まずはそのアプリでIDを検索する必要があります。ぼっちゃんの所定のIDがありますので、それを追加すれば画像による査定を受ける事ができます。
しかし今なおスマートフォンを持っていない方も、中にはいらっしゃるでしょう。その場合には、ぼっちゃんの公式サイトからも画像を送信する事は可能です。問い合わせ用のフォームにはアップロード用のボタンが設置されているので、パソコン等からも送る事は可能ですね。ただし一度に送れる画像の枚数は、2つまでに限定されます。
ちなみに車の買取業者がLINEを採用しているのは、意外と珍しいですね。ぼっちゃんという業者の特徴の1つと言えるでしょう。
プリウス 買取